11.09.2010

A.H.Almaas

A.H.Almaasのほんの一部を訳していた、とても深く辛くなってくる。
それは、穴の理論について書かれてあるからだ、
私の心の中の穴についてだ。


<穴>は通常、それは、あなたが失ったものへの記憶、
失ったものを思い出す状況の記憶、傷つき、葛藤した記憶がある
あなたのパーソナリティ(人格)の一部によって満たされている。
私たちはその傷の中心に最も深いレベルに行かなければならない、
<穴>それ自体に近づくのだ。そして、何が失われたかの記憶にたどり着く。
失ったものの記憶にたどり着くと、
それによって失われたエッセンス(本質)が再び流れ出す。

ゆえに、深い欠落はそれを成長させる機会となり、
自分自身をさらに理解するに至る、
しかし、人々は通常、自分の欠落感に対する防御が気違いじみている。
この防御のほとんどは<穴>を感じる事を避けることにある。
人々はそれが<穴>だとは気づいていない、欠落感は深い何か、
エッセンス(本質)の損失からくる症状だ。それは取り戻す事が出来る。
心の穴を考える、欠落感は彼らが深いレベルでそうであるかのようであり、
それを超える何かは存在しない。彼らは基本的に何かが間違っていると考える。
無意識にも、心の中の穴は何かが間違っているからだと考える。
そして、人は、心の穴、欠落感を感じないためになら本当に何だってする。
彼らは、心の穴に近づけば飲み込まれると信じている。
もし、彼らのワークがそれを浮かび上がらせるなら、
例えば、愛に対する<穴>、圧倒的な孤独感、
空虚感に脅かされると感じるだろう。
その他の<穴>は壊滅する(滅ばされる)恐れを感じさせる。
何故、それに近づきたくないか理解できる。

しかし、ここでの私たちのワークでは、驚くべきことを体験してきた:
<穴>から身を守ることをやめた時二起こる実際の体験は痛みではなかった。
私たちはシンプルに、エンプティスペース(何もない空間)を体験したのだ。
そこに何もない感覚 — しかし、虚無感に脅かされることのない 
— 容認された大きな空間/a spaciousness an allowing
この大きな空間はエッセンス(本質)が出現することを許し、
それがエッセンスであり、このエッセンスだけが<穴>を、
内側から欠落感を排除する事が出来る。

S「<穴>は怒りとして現れることはありますか?」

AH「そうだ、怒りは欠落の結果として生じる、
特に、<穴>を感じる事に抵抗する防御として現れる。
ほとんどの感覚、ほとんどの感情、具体的にそれらは
自動的に起こる衝動的な強迫観念であり、
<穴>の結果である。そこに<穴>がなければ、そのような感情は生じない。
どのような感情かというと、悲しみ、痛み、嫉妬、怒り、憎しみ、恐怖である。
これらすべては<穴>の結果として生じる。
もし、あなたに<穴>がなければ、このような感情は起こらない。
あなたにはエッセンスだけが備わっている。
ゆえに、このような感情はパッション(情)、または、誤った感情/false feeling
もしくは、見せかけの感情/pseudo-feelingと呼ばれる。

私たちの社会全体が<穴>を埋めるために、
外側から価値を得ることを教えるように設定されている 
— 価値を認めてもらう、愛を、強さを、何であれ外からの —。
私たちは、他人に何かをする事がいかに素晴らしいことだと話す、
または恋をすることが、意義のある職に就くことが — などなどだ。
社会は一般的に、互いの<穴>を埋め合うように取り決められている。
<穴>を埋め合いながら — そのように文明が構築された。
私たちが知っている文明は、誤ったパーソナリティ(人格)の生産物である。
それは誤った人格から生み出され、誤った人格の隠れ家となる。
誤った人格を支え、増進させる。



2 件のコメント:

  1. 穴について理解をしたいと思っていたので感謝感謝です^-^

    返信削除
  2. it is nice how you explain to word.well done.i seen these day this Hole.about emotion.i just play for it to be love.

    返信削除