12.09.2010

クラニオ for ベビー

12月のクラニオコースに生後一ヶ月の赤ちゃんが来ました。妊娠中も元気にコースを受講されていたかおるさんの赤ちゃん。名前はあかりちゃん。このコースはちょうど、出産時に生じる軸性(正中)と後頭3基の圧縮についてに授業。かおるさんとも話していたのですが、なんだか、このコースに間に合うように生まれてきたようです。あかりちゃんは予定日より早く生まれました。もちろん、コースを受ける受講者は大人、軸性の圧縮フォースが消散されずに長年持ち続けると、成長した後、ある時点で何らかの障害を発生する可能性があるというお話ですが、生まれてすぐにこれらのフォースが消散されれば、人体における正中上の問題が少なくなるでしょう。

授業中のデモで、かおるさんがデモテーブルに赤ちゃんをポロッと乗せたのがきっかけで、あかりちゃんに短いデモセッションをすることになりました。柔らかくて小さな後頭骨と頚椎部に私の3本の指がうまく入り、この部位のスペースと広がりを知覚しました。最初は小さい体ながらも少し緊張した首の筋がタイドモーションを触診することで柔らぎはじめた後、インハレーションとエクスハレーションの呼吸運動が大きな波動となって現れました。すると、あかりちゃんの体がどんどん真っすぐに伸び始めてとても気持ち良さそうでした。来年の2月のコースにもあかりちゃんが参加、私たち大人の受講者は特別のクラスになったことがとても嬉しいです。

このコースの主催は:
CRANIOSACRAL HEALING ART  http://healingart.jp




2 件のコメント: