7.28.2011

宮城県被災地の杉山さんの書いた絵

これまでに3度、宮城県石巻市へボランティアにいった。最初の2回はマッサージテーブル持参でボディケア(クラニオ)ボランティア。3度目は、それプラス、アートペインティングイベントを開催。最初は石巻市湊小学校の体育館にて、初めての開催でどうやったらいいのか不安ながらでも、その中で、一人の男性が最初から最後まで懸命に絵を描いていた。最後の片付けまで手伝ってくれた。私は帰る前に、絵を描く道具を彼にプレゼントした。イベント中、彼は3枚の絵を描いた。その中の2枚は私のお気に入りになった。今、手元にある。構図、色の使い方、大胆さ、とてもセンスがいい。2度目のイベントは津波の被害がとても大きく、沢山の家屋が津波によって破壊された牡鹿半島鮎川浜/牡鹿公民館で行った。

私たちは、被災者100人の作品が集まったところで「石巻100人アートペインティング展」を開催することにした。これからも被災地へ出向き、絵を描くイベントを開催し、出来たものからポスターフレームに入れていく。100人展は被災地と東京の2つの場所で行う予定。紙はインドから取り寄せたコットン100%の綿紙。大きさは103cm x 68cm 。ポスターフレームは2700円程度。もし、フレーム代を寄付したいと思われる方、又は、このようなことをサポートしたいと思われる方はこちらへ:

 NPO法人フラワーピープル事務局 npo@flowerpeople.org





0 件のコメント:

コメントを投稿