大阪市で避難訓練、私は捨てる訓練

買い増やすことはあっても捨てることはあまりない。
なので、古いものはドンドンたまっていく一方。

もったいないから捨てれない、使う時が来るだろうから置いておく。
貰い物だから、捨てては失礼にあたる。
この調子で、部屋はまるで倉庫とかしていく。

しかし、物がいっぱいになると精神的にも重たくなってくる。
なので、部屋のなかを再チェックしてみると、
捨てるに捨てれない物であふれている。

だから、今日から袋いっぱい分づつ捨てていくことにした。
吟味する、ほんとに持っていたいものなのか?

これをやっている最中に携帯が摩訶不思議なメロディを奏でたので見てみると、
大阪市で、大きな地震が起こったと想定しての訓練が始まると言う知らせ。
へ〜、携帯でそんなことも知らせてくれるのか、ドコモやるじゃないかっと関心。

訓練と言っても、私の場合は自宅訓練といこう!
携帯は、避難所に非難するように知らせている、ン・・・
私は地震が実際に起こったとして何を持って出るか? 
と考えた場合、とっさに思いつかなかった。

と言うわけで、なおさら、普段から身を軽くするためにも
出来るだけ、必要ない物はどんどん捨てるべきと判断。

・・・・しかし、こまごまと沢山あるな〜
大津波が来てすべてが飲み込まれたら、もちろん、それらは失ってしまうもの。
しかし、ピンひとつにしても捨てるのに清水の舞台から飛び込む覚悟がいるなあ・・・

考えだしたら動きがとれないので、取りあえず、捨てよう!
「もったいない」と言う言葉が後ろ髪を巻き取るよう引っ張っているけど・・・。

袋いっぱい分、もしくは、毎日、何かを捨てる!






コメント

このブログの人気の投稿

インドビザの申請、ややこしや!要注意どす。

2012年5月以降のインドビザの申請の仕方

大きな勘違い、自由への道