9.25.2015

Istanbul 空港でのノウガキ


このエリアに流れるゆるやかでかったるい女性ボーカルのBGMが眠気をそそる。関空からインドのデリーに向かう途中である。なぜ、イスタンブールで乗り換えか? は、今は面倒なので後回し。

とにかく、デリー行きの飛行機まで12時間とたっぷりある。この間、街に出てイスタンブールを吸収しようか? … 本当に街に繰り出すのか? … と考えに考えを重ねたが、"面倒" という思いの方が強かった。しばし座って考えたあげくイミグレーションから出て街に向う電車に乗るという考えに腰が立たない。ゆえに!国際線乗り換えエリアに入るバックチェックに向かったのだ。

だが、12時間は長い。飛行機待ちの人がごった返す空気の悪いこの場所で…ふぅ〜…とりあえず、より静かを期待する2階のコーヒーとスナックの店に落ち着いたところなのだ。ここは時間があり過ぎる人がのんびりと時間をやり過ごしているように見受けられる。つまり、私のような人達だ。待ち時間の一番長い人は誰か聞いてみたいものだね。

前の私だったら12時間もあればたくさんのことができると考え、間違いなく街に繰り出していただろう。12時間、見逃すものがないぐらい限られた時間の中で歩き回っただろう。興奮が私に活気を与え、次から次へとやってくるアイディアに身を震わせる。それが私なのだ。

しかし、この頃は"減速" したいと思い始めているのだ。これまではとにかく四方八方360度に手を伸ばそうとしていた。知りたい事が沢山あった。その中で、未だに続けられていることがあるのは幸せである。ひとつの事を続けることの利点は正確さと自信がつくことである。そしてさらにその良いところを明確に洗練させていきたいと思い始めてくるのだ。

それ以外に知った重要な幾つかも、このひとつの中ににどう取り入れていくかに集中力がいり、どうやら私は、今がその時期のようだ。集中するには内に向かわなければならない。集中は莫大なエネルギーが必須であり、私にそんなに余力はあるのだろうか? と思う "この頃" である。しかし、これまでやってきた事の結末というか、最後の締めというか、それはどんな花と実をつけたのかを知るにはやるしかない。

こんなあんなのノウガキたれても…
あ〜‼︎   あと、10時間はたっぷりある!

0 件のコメント:

コメントを投稿