6.04.2016

No one is there

何かがおかしい、かといって今までの私はこうじゃなかったのかと言えば、私は以前と変わらず、まったく同じ私である。

point of light の後、ずーっとこの調子で、とても居心地が悪いのだ。ゆえに、私は前より増して自分をずっと観察するようになった。

言動、振る舞い、自分のすべての行動をずーっと観察し続けている。居心地の悪さに対する答えを探し出そうとするように。

ダイアモンドロゴスミーティングの2日目、ランチの後、レクチャー前のダンスで 「はっ?」が起こった。

その閃きは、私は自分が "誰か" であると思い込んでいた。 事実、私は自分ではなく、誰か (パーソナリティ) を生きている。

ああ、なんてこった! ブルータス、お前もか!

この閃きはこの言葉で起こったのだ
 I am No One,

私は誰か (パーソナリティ) を生きていた。でも、真実は、私は誰でもないのだ!

なんという事だ、I am no one !!!!!!!
ブラボー ‼️ 🎉



0 件のコメント:

コメントを投稿