2.04.2018

聖杯





















聖杯とは体のことで、そこに満たされるのは命という聖液である。

昨夜、ベッドの上で、なかなか、寝れずにいると、あれ?
ふと気がついた、何故か、めっちゃ元気、体も心も元気で満たされている!

どうするべ? 外に出て走りにでも行くか?
まぁ〜さか、夜中に、そんなことするわけね〜べ。

で、分かったのだ!
体の中に生命が生き生きとしている。

体は聖杯で、ブレスオブライフは聖液のことであると。
呼び名はなんと呼んでもいい。

そうか、クラニオバイオって凄いことやってんだ!

この聖液は、光り輝く媒体のようなもので、
永遠なるものを保持することができる。

決して歳をとらず、決して衰退することがない。
そうか、そうなんだ!

と、ひとり、真夜中に興奮しちまったじゃないか... (^0^)





0 件のコメント:

コメントを投稿

怒り

ここ数ヶ月、私は自分が "怒っている” と知っている。 ある事がそのことに気づかせてくれたのか、 もしくは、もうひとつ面に押し上げたのかは定かではないが、 … であれば、自分が "怒っている” のは ここ数ヶ月の話ではな...