世界幸福度ランキング



今日は3月3日、ひな祭り。
読売新聞を読んでいるとこんな記事が…
世界幸福度ランキングでノルウェーが世界一らしい。

2001年、ハラルド国王が言った幸福の条件とは

1. 健康であること。
2. 友達がいること。
3. 社会のためになることをしていること。

「人々は異なる理由で、異なる状況で幸せになる。
私は、楽しむことを学ぶことが必要だと思う。
それには心の持ち方が重要だ。
歩くこと、新鮮な空気を感じることなど、
すべてをバランスよく得ることが求められる。
裕福でもすべてのバランスがかけたら、
幸せになるのは難しい」etc… 

いかにも裕福な人のコメントですが…と言うのも、
世界にはとてつもない状況下に置かれている人たちがたくさんいて、
上記の3つにまで届かないかもしれない。

ただ、安らかに眠れるベッドが必要
ただ、食べ物が必要
ただ、誰かに優しくされたと願う
ただ、暴力から逃れたいと望んでいる
ただ、自分の能力を発揮できる場所が欲しい

誰もがあるがままに自分らしく過ごすこと、
そして、自分が認められ、受け入れられること、
人に喜んでもらい自分の存在に価値があると感じられること、

そして、真剣に取り組みたい何かに出会った時、
人は活力をそれに投資する勇気が湧くね。

それによって、失敗と成功から多くを学び、

自信と持続力、達成感や能力向上によって満たされる、
静かに自分を見直す時間とご苦労様と褒めてあげる。

もし、私たちが社会に翻弄され、人々に振り回され、
自分を保っていることが難しくなり、それに疲労してしまうと、

多くのことが見逃されて卑屈な精神に陥ってしまう。

自分の良さや、命の尊さに疑問を持ち始め、
生きることが冒険ではなくなり、苦痛となってしまう。

ここから自分を救済するのは簡単ではないね。

でもね、だからと言って自分を見捨てたりせず、
救済する方法を見出さねばならない。

もし、このワークが助けになるなら、試して欲しいと思う。


目から鱗、ちょっと自分に頑張ってもらわないといけないけど、
死んだように生きるのは嫌だから私は深く自分を理解したい。

人生自体が魂のプロセス

自分に向き合う、自分を正しく理解する、
本当に望んでいることに自分を向ける
少しづつでもそのように生きることを試してみる。

切ない感じだけど、人生は自分の物語。

悲惨な物語にするか、他人のように振舞って操り人形になるか、
もしくは、自分の道を歩くか…



コメント

このブログの人気の投稿

インドビザの申請、ややこしや!要注意どす。

大きな勘違い、自由への道

2012年5月以降のインドビザの申請の仕方