12.09.2015

憎しみが起こった時に知ることができる

Black Ratifa のクオリティ はエゴの死を示唆する。意識的にいるとエゴがつくりだす問題を拡散させることができる。つまり、エゴは問題をキープできなくなり、死を迎える、しかし、sweet な死だ。ブラックは優しく静かにエゴの死を受け入れる。決して攻撃したりしない。

子供の頃に、パワーは自分以外の人にあり、自分には無いと信じ込んでしまう、パワーの何たるかを知らずに、また感じることができずに、そして、もちろん、それ故に表現できなければ、無意識にもフラストレーションに陥るか、ディプレッションを引き起こす。

本質的には、Black はPeace の質である。この Black Latifa のパワーにディストーションが生じるとパワーはヘイトに変換される。 

peace - 平穏、秩序、安心、静寂
hatred - 憎しみ、嫌悪、怨恨

hatredにはさらに、冷たい、心が無い、つながりが無い、感情多入、悪いことをしても心が痛まない、計算じみている、人をコントロールしたがる、自分のやり方以外は正しくない、他人をけなす、落とし入れる、復讐心を抱く、自分以外のパワーを壊す、すると気持ちが良い、何故なら失ったパワーを感じることが出来るから、などが起こる。

これらは本来持ち合わせているパワーを実感することができずにいる結果として生じる。上記の逆も起こり得る。例えば、人を助ける行為でパワーを感じることができたりする。悪いことではないが、必要以上に無意識の振る舞いになっていないだろうか?

他に、事が難しくなってきたら乗り越えることができず、ヘイトが生じる。エレガントな方法で見極め、間違ったパワーの使い方でゴシップ、中傷したりする。自分を隠したままで。

ダイアモンド・ロゴスは、インクワイアリーを通してこれらのエモーションに向き合う。インクワイアリーはセラピストと向かい合うのではなく、鏡のようにパートナーが座って如何なるジャッジもなしにアンカリングしてくれる。インクワイアリーは続く…

どんな方法で憎しみを止めているか?  
憎しみをどんな風に出しているか?
憎しみの体験はどんな風か?

このようなインクワイアリーをやってみると無意識の自分の行動や振る舞いがあからさまになって見えてくる。そして、次に憎しみを感じた時、このことを覚えていたい。

私はこのインクワイアリーで、変な話だが、憎しみを味わって、味わって、味わい尽くすと、憎しみがぎゅーっとクリスタライズされ、びっくりしたことには、美しいひと粒の宝石になった。どこかのレベルで深刻にならない自分がいるのを見ているのが鍵であったが。

今となっては、何故か、憎しみがやってくるのを楽しみにしている私がいる、本当にそうでいられるか見てみたい。憎しみがやってきた時に知ることができるだろう。well come だ。


0 件のコメント:

コメントを投稿