9.09.2016

脱皮期間




















今回のマナリー里帰り、とにかく、長い文章が書けんかったんよ。
何を書いてもマインドにエサやってるみたいで(笑

今年の初め頃から、私自身に大きな節目があって、
じぃ〜っと自分自身を観察し続けてるよ。
ちょっと不安なような、無防備なような…

公共の場での文章の書き方が変わったんやけど、
なんか、私自身の人格的な安堵というか、
張り切り感が薄れたというか、
ある意味、誰かさんを脱ぐ期間というか

別に大したことはせえへんねんけど、
内面の自分を受け入れ続けてると言うか、
まぁ、まだこの期間は続くようやで。

で、思うところにダイアモンドロゴス、やってくれたわぁ。
私が誰でも無いものになるまで観察は続くんやで。

今まで、知らず知らずにどうやって、
世間でやっていけるか四苦八苦
知れば知るほど、誰かになっていく
見栄、自信、自慢、傲慢、卑下、愚か、落胆
ぜんぶ体験したら、あることに気がつく
ぜんぶ、恐怖が操っている

それでも、喜び、憂い、感謝、良い痛みは
それらから生まれたんよ。
私の生きてるってこんな感じなんや。

ふ〜ん。
そうなんや。

私が誰でも無いと言うことは、
消えていくんやね。

そやったら、受け入れるわ。





0 件のコメント:

コメントを投稿

怒り

ここ数ヶ月、私は自分が "怒っている” と知っている。 ある事がそのことに気づかせてくれたのか、 もしくは、もうひとつ面に押し上げたのかは定かではないが、 … であれば、自分が "怒っている” のは ここ数ヶ月の話ではな...